「キャットフードを購入する時に価格を比べたほうがいい?」

今やキャットフードと一言に言っても、種類もたくさんあり、それぞれに特徴があってどれがいいのかわからない、とお困りの飼い主の方もいらっしゃることでしょう。そこで比べる基準となりがちなのが、このご時世においては「価格」ではないでしょうか。もちろん、まったく同じ商品であれば価格が少しでも安い方を買うというのは道理です。しかし多くの場合は1キロが3000円ほどする安全安心をうたったキャットフードと、7~8キロも入って1000円などの大量安価なキャットフードとの違いが把握できず、ついつい安いキャットフードを買って与えてしまうという流れだと思います。

しかし、単純に価格だけを比較してどのキャットフードを愛猫に与えるかを選ぶのはあまりよくはありません。医食同源という言葉が示す通り、愛猫の病気の原因に多少なりとも毎日食べているキャットフードが影響しないわけがありません。もし病気になってしまったら、全額負担で治療費が莫大でも猫を助けようとするでしょう。そうなった場合、人間ではありませんからもちろん手術費や治療費は数万円~数十万円に上ることもあります。ですから、単純に安いけれど質の悪いキャットフードを与え続けることは後々の医療費を考えても、経済的にいいことではないということになります。

ではなるべく安く、けれどいいキャットフードを与えたい場合はどうすればいいのでしょうか。昨今では、多種あるキャットフードもネットで比較したり口コミをみたり、購入することもできます。まったく同じものがどこで安いかを比べるのは問題ないとは思いますが、まずはいったん今使っているキャットフードを安心・安全の面で見直してみてはいかがでしょうか。 現実的に、日本の法律・規制がキャットフードやドッグフードをないがしろにしている面は多々あります。

私たちが知らないだけで、人間では禁止されている添加物が犬や猫にはOKということになっているものもあります。それらが現在使用しているものに入っているかどうか、安心して与えられるものなのかを見直し、愛猫がますます健康な生活をおくれるように努力すること、猫が選べないキャットフードを私たちが比較し検討することは飼い主の義務ともいえます。
このサイトxn--nck1bpe3d4d0i.nameには、安全なキャットフードの選び方が紹介されていました。とっても参考になりますので、ぜひご覧ください。