LMS
画像

妊娠・授乳期用キャットフード


1.妊娠中の猫に適したキャットフードとは?

妊娠の初期である3週目から4週目にかけて胎児が発育するため、母猫に多くの栄養とカロリーが必要です。
そのため妊娠3週目までには、普通の成猫用キャットフードから妊娠用のキャットフードに切り替えましょう。

妊娠中の猫は、妊娠してない時期と比べて約1.5~2倍のエネルギーが必要です。また、タンパク質は35%以上、脂肪は18%以上のキャットフードを与えることが大切です。
妊娠の初期から中期頃は猫の食欲は多いですが、胎児が成長していくことで胃が圧迫されるため、徐々に食べられるキャットフードの量が減ります。
そのため、妊娠中の猫には、少量でも十分にカロリーと栄養素を摂取できるキャットフードを与えるのが望ましいです。
妊娠によるホルモンバランスの崩れによって、食欲に異常が見られた場合は、獣医師の診察を受けましょう。

妊娠・授乳期用のキャットフードの多くは、子猫用のキャットフードと兼用になっていて、高タンパクでカロリーや栄養価が高く、消化性にも優れています。
妊娠・授乳期用キャットフードなら、少量でも妊娠中に必要なカロリーやカルシウムなどの栄養を十分に補給することができます。


2.授乳期の猫に適したキャットフード

授乳期は子猫に母乳を与えるため、通常の2~4倍のエネルギー量が必要です。
授乳が始まってから1週間後には、妊娠中の2倍のカロリーを摂取できるように食事を与えます。産後3週目には、妊娠中の3倍のカロリーを摂取できるようにすることが望ましいです。

授乳期の猫には、引き続き妊娠・授乳期用キャットフードを与えて、カロリーや栄養素を十分に補給しましょう。
子猫に母乳をしっかり与えるためには、母猫の健康を維持する必要があります。授乳期は、沢山のエネルギーが必要なので、猫がキャットフードを食べたいだけ食べることが大切です。
一回の食事量が少ない場合には、食事の回数を増やして十分に栄養とカロリーを与えましょう。


3.妊娠・授乳期に適した療法食、プレミアムキャットフード

妊娠や授乳期の猫の健康を維持するためには、高品質な原材料を使ったキャットフードを与えることが大切です。
妊娠・授乳期用の療法食には、高品質なDNAが含まれているものもあり、子猫の健康的な学習能力の発育をサポートする効果に期待できます。

妊娠や授乳期用のプレミアムキャットフードには、無添加やグレインフリー、ヒューマングレードなど、高品質な原材料を使っているため消化性も高く、必要なエネルギーと栄養価を十分に補給できるので、安心して与えることができます。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細