LMS
画像

妊娠中の猫、授乳中の猫に最適なキャットフード

人間の場合でも、妊娠中は高血圧になったり、高血糖になったりと、体調に様々な変化が現れます。
また、食事に関しては栄養バランスをしっかり考えた食事が基本です。
その上、普段よりも2~3割多くカロリーを摂取しなければなりません。

猫が妊娠した場合も、同じくバランスのとれた食事で、カロリーを普段より少し多めにとるというのは同じです。
しかし猫の場合、すぐに多く与えた餌をすべて食べてくれるとは限りません。
猫たちは通常の食習慣が基本となっていますから、急に増やされたご飯をすべて食べてくれても、食事配分を間違えて吐き出してしまったり、
食べたと思ったら今度は2~3日何も口にしてくれなくなったりします。
こうなると困るので、妊娠が判明してから出産に至るまでの長いスパンで徐々に餌を増やして、出産のエネルギーを蓄えさせることが大切です。

増やす目安ですが、だいたい出産を迎える頃には通常より1.5倍ほどのカロリー摂取になっているくらいが望ましいです。
もし食べる量があまり増やせずカロリーが足りていないと感じる場合は、妊娠期の最後2~3週間くらいには子猫用の少量で栄養価が高い餌を与えることも良案です。
そして出産を終え、今度は子育てで子猫たちに乳を与える場合は、子猫たちの分までしっかりと栄養を補給しなければなりませんから、
最初の一週間は通常よりも1.5~1.75倍くらいまで栄養価の摂取量を引き上げます。
そして二週目には2倍、三週目には3倍の量に引き上げます。

というのも、子猫たちは生まれてすぐに生きていく力の強さによっては命を落としてしまうことがあります。
子猫たちが少しの乳でもしっかりと栄養を補給できるように、母親がまず栄養をしっかりと摂取することが大切です。
子猫たちが徐々に母猫からミルクをもらわなくなったら、また徐々に餌の量を通常に戻していきます。
そうでなければ栄養過多で肥満を患ってしまいます。

このようにしっかりと栄養を採ることはもちろんですが、むやみに何でも食べればいいというわけではありません。
肉食の猫が一番摂取しなければならないのは良質な肉です。安心できる肉、安全な原材料でできたキャットフードを与えることは、通常の猫もそうですが 妊娠期の猫であれば特に大切になります。
妊娠期の犬の場合も同じです。きちんと栄養バランスのとれたドッグフードを与えて、健康な身体にしてあげてください。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細