LMS
画像

目やに予防用キャットフード


1.キャットフードは目やにの原因になる?

猫の目やにの原因として、アレルギーによる炎症や網膜炎、角膜に傷がつくことで起こる炎症などが考えられます。
黄緑色や白い色をした目やにがついていた場合は、ウィルス感染や細菌の可能性があるため、早めに動物病院に行って獣医師の診察を受けましょう。
赤茶色や黒っぽい茶色で、乾燥している目やにが目頭に少量だけついている場合は、新陳代謝によるものなので問題ありません。

猫に与えているキャットフードが合わない場合は、目やにができることがあります。
また、与えたキャットフードの品質によって、アレルギーを起こして目やにができることもあります。
目やに予防専用のキャットフードは存在しませんが、良質なキャットフードを選ぶことで目やにの原因であるアレルギーを予防することができます。


2.低アレルギーの原材料を使ったもの

目やにの原因になるアレルギーを防ぐために、低アレルギーの食材を主原料として使用しているキャットフードを選びましょう。
高品質のプレミアムキャットフードには、低アレルギーで消化性の高いサーモンやアヒル肉、ニシンなどが使用されているものがあります。
白身魚は肉と比べて低アレルギー性で、低脂肪で高タンパク質な食材なのでおすすめです。


3.無添加のキャットフード

安いキャットフードには、大量生産して長期保存ができるように沢山の添加物が使われている可能性があります。酸化防止剤や香料などの人工添加物は、発ガン性やアレルギーを引き起こす危険性があると指摘されています。
そのため、目やにの原因にもなるアレルギーを予防するためには、なるべく無添加のプレミアムキャットフードを選びましょう。
安いキャットフードには、肉副産物や4Dミートなど、人間が食べることができない原材料が含まれている可能性があります。
劣化していたり、酸化が進んでいるキャットフードを食べてしまうと消化器官にも負担をかけてしまうため、購入する前は使われている原材料を確認することが大切です。


4.穀物が少ないキャットフード

穀物は肉食動物の猫にとって、消化や吸収することが難しい食材です。
キャットフードによっては、穀物が主原料として肉よりも多く使われているものがあり、そういったキャットフードを食べ続けると消化器官に負担をかけてしまい、アレルギーをおこす可能性が高くなります。
猫の目やにを予防するためには、穀物が少ないものやグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。
高品質のプレミアムキャットフードなら、低アレルギー性で無添加、グレインフリーといった条件を満たしているものがあるのでおすすめです。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細