LMS
画像

通販でキャットフードを買うときの注意点


1.購入する前に、キャットフードの特徴や成分などを調べておく

キャットフードを店頭で買うときは、パッケージに表記されている成分や、種類などを確認することができますが、ネットなどの通販で買うときは、パッケージを見ることができません。
そのため、注文する前に、選んだキャットフードの特徴や成分を、公式ホームページなどで確認しましょう。

キャットフードには、総合栄養食や一般食、ドライタイプやウェットタイプなど、様々な種類があります。また、年齢別に区分されていたり、全年齢に対応できるキャットフードも存在します。
キャットフードの製品を、注文する前によく確認しないと、愛猫と違う年齢用のキャットフードを買ってしまったり、おやつやウェットタイプなど、主食としては相応しくないものを、誤って買ってしまう可能性があります。

間違って買ってしまったものを与えると、愛猫にとって適切なカロリー量を摂取できなかったり、栄養バランスが偏ってしまいます。
療法食が必要な猫に、誤ってカロリーが高いキャットフードを与えてしまうと、症状の悪化の原因にもつながります。
このように、キャットフードを買うときは、愛猫の状態を把握して、適切な栄養を摂取できるものを選ぶ必要があります。


2.激安キャットフードは避ける

キャットフードには、人間も食べることができるような良質な素材で作られているものや、無添加でグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードがあります。
こういった高品質で安全なキャットフードは、値段も高くなります。

ネットや通販には、激安のキャットフードがありますが、あまりにも安いキャットフードは品質に期待できません。
例えば、中身のかさ増しのために、穀物を沢山使っているものや、酸化防止剤などの添加物が、大量に含まれている可能性もあります。
安いキャットフードに使われる原材料は、安く大量生産するために、肉副産物やミールなど、粗悪な肉を集めて作られています。
また、賞味期限が近くて、キャットフードの酸化や劣化が進んでいる場合もあります。
こういった品質の悪いキャットフードを、猫が沢山食べてしまうと、アレルギーやガンなどの病気になる可能性が高くなります。

通販で売られているキャットフードは、賞味期限まで確認することが難しいです。
そのため、通販でキャットフードを買う場合は、なるべく激安のキャットフードは避けて、高品質のプレミアムキャットフードを選びましょう。


3.大量に買い過ぎない

ネットや通販でキャットフードを買うときは、店頭のように袋の大きさを目で確認することができません。
まとめ買いをすると、送料が無料になったり、家まで重いキャットフードを届けてくれるので便利ですが、賞味期限が確認できないため、大量に買い過ぎると余らせてしまう可能性があります。
キャットフードの買い過ぎを防ぐためにも、猫が一回に食べる量を、具体的な数字で把握しておくことが望ましいです。


4.まとめ

ネットや通販は、キャットフードの種類が豊富で、サイトによっては定期購入ができたり、送料無料といった、お得なサービスもあります。
こだわりのプレミアムキャットフードなどは、スーパーやホームセンターで買えないものもあります。
通販でキャットフードを買うときは、値段だけを見て適当に選ぶのではなく、キャットフードの特徴や成分、買う量に注意しましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細