LMS
画像

安全無添加のキャットフードを選ぶために


1.プレミアムキャットフードを選ぶ

プレミアムキャットフードとは、人工添加物を使用していない、高品質な原材料で作られているキャットフードのことを指します。
人間も口に入れることができるほどの、高品質な素材が使われているため、良質な動物性タンパク質を十分に摂取することができます。
猫が体内で生成できない、タウリンやリノール酸などを配合しているものもあり、普通のキャットフードと比べると、より多くの栄養をバランス良く摂取できます。
プレミアムキャットフードは、無添加なものが多く、発ガン性の危険がある化学合成された酸化防止剤や、香料が含まれていないので安全です。
安いキャットフードには、添加物や粗悪な肉が使われているものが多いです。
キャットフードに含まれている添加物は、ある程度ならパッケージの成分表で確認することができますが、細かい添加物まで全てチェックすることは大変なので、見逃す可能性もあります。
安全無添加のキャットフードを、確実に与えたいときは、プレミアムキャットフードを選ぶのが一番の安全策でしょう。

また、プレミアムキャットフードは、主原料として、高品質な魚や肉が使われています。
安いキャットフードの場合、低コストで大量に製造するために、穀物が沢山使われています。
穀物は、猫にとって消化に悪いだけでなく、遺伝子組み換えされた穀物が入っている可能性があるので、ガンなどの病気を引き起こす原因にも繋がります。
プレミアムキャットフードなら、グレインフリーといって、穀物を一切使用していないものがあるので、遺伝子組み換えされた穀物を口に入れる心配がありません。


2.ヒューマングレードのキャットフードを選ぶ

プレミアムキャットフードには、ヒューマングレードと呼ばれる、人間も食べることができるぐらい良質な素材を使って、作られているキャットフードもあります。
安いキャットフードには、肉副産物や4Dミートなど、粗悪な肉が含まれています。4Dミートは、病気や障害のある動物の肉が使われているため、薬物なども含んでいる可能性があるので、危険です。
ヒューマングレードのキャットフードなら、そういった粗悪な肉が一切入っていません。使われている肉も、高品質なので安全で、安心して与えることができます。


3.天然由来の自然保存料

安全で無添加なキャットフードには、人工添加物が使われていませんが、酸化防止剤として、天然由来の成分が使われています。
ビタミンEやビタミンC、ローズマリー抽出物などが、自然保存料として使われているため、安全性が高いです。


4.まとめ

日本のペットフード安全法の基準では、使用した原材料や添加物は、全て記載することが義務化されました。しかし、国産の安いキャットフードで、100%無添加のものを見つけることは、非常に難しいです。
ヒューマングレードなど、高品質のキャットフードは、国産ではなく、ヨーロッパやアメリカなどの外国産に多いです。
国産の安いものと比べると、値段は高くなりますが、猫の健康を守るためには、安全で無添加のプレミアムキャットフードをおすすめします。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細