LMS
画像

ウェットキャットフードの栄養補完食


1.栄養補完食とは

総合栄養食と水があれば、猫にとって必要な栄養をバランスよく摂取することが可能です。
しかし、猫の体質や状態、生活スタイルの違いによって、特に摂取する必要のある栄養に違いがあります。

栄養補完食とは、総合栄養食では足りない栄養や摂取カロリーを補うことを目的に作られたキャットフードです。
ウェットキャットフードの栄養補完食は、素材の加工方法やダシの種類も幅広く、香りも強いため猫の食欲も増進します。
栄養補完食は副食との線引きが難しく、メーカーや商品によっては副食と表示しているものもあります。
他には動物用栄養補助食(動物用サプリメント)や、カロリー補給食などと表示されています。
ウェットキャットフードの栄養補完食は、パウチや缶に入っているものが多いです。
フードの状態はジェルタイプや、パテタイプ、スープタイプなどがあります。猫の好みや用途によって使い分けて、愛猫にとって必要な栄養やカロリーを十分に補いましょう。


2.ウェットキャットフードの栄養補完食の活用方法

ウェットキャットフードの栄養補完食は、総合栄養食だけでは足りない栄養やカロリーを補う役割のフードなので、栄養補完食ばかり与えると栄養が偏ってしまいます。
基本的な栄養は総合栄養食と水から摂取して、そのときの猫の状態によって、必要な栄養やカロリーを補える栄養補完食を与えると良いでしょう。
栄養補完食の種類は豊富にあります。
例えば、低カロリーや低脂肪の栄養補完食は、肥満が気になる猫に適しています。
アレルギーの心配をされる方には、アレルギー対策用の栄養補完食をおすすめします。

栄養補完食と副食は似ていますが、栄養補完食のほうがより細かく猫の状態に必要な栄養を摂取することができます。
泌尿器ケア用の栄養補完食は、泌尿器系の病気が心配な猫に最適です。
避妊や去勢をした後の猫には、避妊や去勢をした猫のために作られた機能性のウェットキャットフードを与えることで、体重の増加や尿路疾患のリスクを下げることができます。

食欲がなく総合栄養食を食べない猫には、ドライキャットフードの上に魚や肉の食感が残っていて香りが強いタイプの栄養補完食をトッピングすることで、食欲を増進し必要な栄養の摂取を促しましょう。
水をあまり飲まなくて水分不足が心配な猫には、スープタイプの栄養補完食を普段の食事のときに一緒に与えて、必要な水分を補いましょう。
ウェットキャットフードの栄養補完食には他にも様々な種類があります。
栄養補完食のウェットキャットフードを上手に活用して猫の元気と健康を守りましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細