LMS
画像

有機栽培され、ドイツ農林省に認証されたフード

ペットが幸せに暮らす国、環境立国として知られるドイツ。
ドイツは世界でも特に「動物の権利」が尊重される国であり、動物愛護精神の先進国なのです。
法律国家でもあるドイツでは、猫や犬を飼う際、小屋の大きさが犬や猫にストレス無い大きさであるかまで法律で決められています。
大きさはもちろんですが、小屋の風向きや日当たり、素材など動物が生活する場所がどのような条件なのかを規定する法律、飼っている動物にちゃんと散歩させたり 運動させたりしているかという運動時間を規定する法律までドイツにはあります。

これ以外にも日本と大きく違うのは、ペットショップなどはなく、猫をそういったところに陳列させて販売はできないようになっている点です。
なぜかというと、陳列させておくと可愛さのあまり衝動的に買ってしまうことがあります。
無責任に購入してその後飼えないとなることを防ぐためです。
また、日本とは違ってドイツではペットが殺処分されることはありません。
捨てられたペットや病気になった動物が発生した場合は、国が「飼い主税」という税金から動物の福祉に当てられているお金をつかって最後まで飼い続けます。
この「飼い主税」はペット一頭につき年間1万円~2万円とされていて、安くはない額になります。

このようにペットへの愛情が深いドイツでは日本ほど簡単に農林省にキャットフードを認めてもらうことはできません。
新鮮でないどこで作られたかわからない原材料や、添加物がたくさん入っているペットの体に悪いキャットフードは認可されることはありません。
有機栽培された素材を使用している、天然素材を使用している、化学合成物を使っていないなどの安全安心な理由がしっかりとあるキャットフードのみ認可してもらうことができます。
このような厳しいルールのある国で、しっかりと認可を受けたキャットフードが、今ではネットで注文して日本にいながら手に入れることができます。
キャットフードを迷われている方は動物への関心の高い国の良質なペットフードも考慮にいれると、より愛猫の好みのものがみつかりやすいでしょう。
このサイトにも、厳選素材のキャットフードが紹介されていました。わかりやすい解説でオススメのサイトです。
有機栽培された素材を使用したオーガニックドッグフードについては、http://www.haffiliation.jp/all.htmlに載っているので犬も飼われている方は是非。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細