LMS
画像

ドライキャットフードの与え方


1.子猫にドライキャットフードを与えるには

猫は、キャットフードを一度に沢山食べることはせず、小分けにしてエネルギーを蓄える習性があります。
そのため、一日の総カロリー分のキャットフードを2回~4回に分けて与えましょう。
分けて与えることによって、エネルギーを蓄えるだけでなく、猫の食欲の増減に気づきやすくなったり、体重の管理もしやすくなります。

成長期である子猫の場合は、キャットフードを一度に沢山消化できないので、一日3~4回の食事が理想です。
子猫は成長期なので、成猫や高齢猫よりも多くの栄養やカロリーが必要になります。
子猫の一日に必要なカロリーの量は、体重に200カロリーを掛け合わせた程度です。

生後2~4ヶ月の猫は噛む力が弱いので、ドライキャットフードをお湯か子猫用のミルクでふやかして与えましょう。ふやかすことで、柔らかくなるだけでなく、消化にも優しくなります。
子猫用のミルクでふやかす場合には、子猫用ミルクのカロリーも一日の総カロリーに含めて考えて、ドライキャットフードか子猫用ミルクの量を調節しましょう。

子猫は、生後100日を過ぎた頃から、永久歯に生え変わります。ドライキャットフードをふやかさずに、そのまま与え始めるのは、顎や歯が十分に成長している生後5ヶ月目以降にしましょう。
生後5ヶ月目頃の、一日の総カロリー量は、体重に150カロリーを掛け合わせた程度です。

子猫は、生後6~8ヶ月頃から体格が成猫に近づき、一度に食べられるキャットフードの量が増えるため、一日の食事の回数を2~3回に減らします。
少しずつ食事の回数を減らして、最終的には朝と夜の2回程度にして、猫の状態を見て量や回数を再度調節することが望ましいです。
この時期の、一日に必要なカロリーの量は、体重に100カロリーを掛け合わせた程度になります。


2.成猫にドライキャットフードを与えるには

生後8ヶ月頃から、一日に必要なカロリーの量は、体重に80カロリーを掛け合わせた程度です。
成猫の場合、それぞれの猫の状態や体調に合わせて、ドライキャットフードの量や与える回数を調節する必要があります。
去勢や避妊をした猫や、あまり運動をしない猫の場合、肥満になりやすい傾向があるので、ドライキャットフードを与えすぎないように注意しましょう。

ドライキャットフードの100gあたりのカロリー量は、メーカーによって違いがあります。
平均的なカロリーの量は、100gあたり350~450カロリーで、猫がダイエットなどをしている場合には、300カロリー程度になります。
ドライキャットフードを与えるときは、必ずパッケージに記載されている、カロリーと摂取量を必ず確認しましょう。


3.ドライキャットフードを与えるときの注意点

ドライキャットフードは、水分含有量が10%以下になります。猫の一日に必要な水の量は、体重1㎏に対して水50ml程度です。
猫は水分が足りないと、腎臓機能に負担をかけてしまい、腎臓病や泌尿器系の病気になりやすくなってしまいます。
ドライキャットフードのみ与えていると水分が足りないので、必ず新鮮な水も一緒に与えましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細