LMS
画像

シャム猫用キャットフード


1.シャム猫の特徴

シャム猫は、華奢で中型のオリエンタルタイプに分類される体型と、長めの立った耳が特徴です。
シャム猫の体重はメスが2~4㎏程度で、オスは3~4㎏程度と、ずっしりと重く筋肉質な体をしています。
アーモンドの形をしたサファイアブルーの瞳や、耳や手足、顔やしっぽの毛色が濃いなど、見た目も美しい猫です。

シャム猫がなりやすい病気は、慢性腎不全、リンパ腫、糖尿病、口蓋裂や、網膜変性症や網膜萎縮症など、特に腎臓や目の病気になりやすいです。
他には先天性難聴や、白内障、水頭症などの疾患リスクも多く、よく手をかけてお世話をする必要があります。
シャム猫の平均寿命は10~13年程度と、一般的な猫の平均寿命よりも少し短いです。病気を予防するために、シャム猫に必要な栄養をバランス良く摂取して健康を維持しましょう。


2.シャム猫用キャットフード選びのポイント

(1)高タンパク質とカルシウム、ビタミンDが入ったキャットフードで健康な体作りをサポート
シャム猫の特徴の一つでもある、筋肉質な体型を維持するためにも、子猫の時期からしっかりと良質で高いタンパク質を摂取する必要があります。
また、骨の成長に必要なカルシウムやビタミンDを充分に摂取することも大切です。

1歳を過ぎると成猫になり、体はできあがります。しかし、シャム猫の筋肉質な体型を維持するためには、高タンパク質とある程度脂肪を抑えた食事を心がけましょう。
猫は他の猫種と比べると、腎臓病や肝臓病になってしまう可能性が高いです。腎臓病や肝臓病を予防するためには、ナトリウムやリンの塩分摂取を控えることが大切です。

(2)バランス良く栄養素を摂取して、美しい被毛や消化器官などの健康を維持する
シャム猫の美しい被毛と皮膚の健康を保つためには、オメガ3系・6系脂肪酸やアミノ酸、ビタミンが含まれているキャットフードが望ましいです。
タウリンやルテイン、ビタミンEやビタミンCなどの抗酸化成分は、美しい被毛の成長をサポートするだけでなく、免疫機能を高める効果が期待できます。
また、消化器官や腸内の健康を維持するために、脂溶性食物繊維や水溶性食物繊維など複数の食物繊維が含まれているキャットフードを選びましょう。

(3)シャム猫の運動量や体質に合わせてキャットフードを選ぶ
シャム猫は筋肉が発達しているため、運動量も多いです。そのため、コンドロイチンやグルコサミンなどの関節ケアができる成分が含まれているキャットフードをおすすめします。
シャム猫の顔は、逆三角形のような形をしているため、食べるスピードが早いです。あまりよく噛まずに飲み込んでしまうため、吐き戻してしまうシャム猫も多いです。
吐き戻しが多い場合は、粒の大きさや形の違うキャットフードに切り替えてみましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細