LMS
画像

猫が病気にならないキャットフード選び


1.栄養バランスの良いキャットフード

猫の病気の全てをキャットフードで予防することは難しいですが、適切なキャットフードを選ぶことで、猫の健康維持をサポートすることが可能です。
キャットフードは様々な種類があり、品質もフードによって大きな違いがあります。
猫の病気を予防するためには、猫にとって必要な栄養素を十分に摂取できるキャットフードを選ぶことが大切です。
キャットフードには、総合栄養食や一般食、間食といった種類があります。総合栄養食は、タンパク質や脂質など猫に必要な栄養素がバランス良く配合されています。
総合栄養食のキャットフードと水を与えることで、一日に必要な栄養を補給することができるため、主食として与えることが望ましいです。

総合栄養食は、ドライタイプが多いですが、ドライタイプのキャットフードは水分含有量が少ないです。
猫の水分摂取量が少ないと、尿が濃縮されて腎臓に負担をかけてしまいます。腎臓に負担をかけると、腎不全などの病気になる場合があります。
また、水分摂取量が少ないと尿路結石などの泌尿器系の病気にかかりやすくなるため、総合栄養食のドライキャットフードを与えるときは必ず水を一緒に与えましょう。


2.グレインフリーキャットフード

肉食動物である猫は、高タンパクで低炭水化物の食事が理想的です。猫は犬や人よりも、タンパク質を沢山摂取する必要があります。良質な動物性タンパク質は消化性が高く、健康な体や毛並みの維持に役立ちます。
安価で売られているキャットフードは、肉や魚などの動物性タンパク質よりも、穀物などの炭水化物が多く含まれています。
穀物は猫にとって消化や吸収することが難しいため、消化器官に負担をかけてしまい、アレルギーの原因にもなります。
また、炭水化物の割合が大きいキャットフードは、その分タンパク質の割合が減るため、猫に一番必要なタンパク質を十分に補給することができなくなります。
タンパク質は、猫の健康的な体や皮膚、被毛を作るために必ず必要な栄養素です。
猫がアレルギーや消化器官の病気にならないためには、穀物が少ないキャットフードか、グレインフリーと呼ばれる穀物不使用のキャットフードを与えましょう。


3.ヒューマングレードキャットフード

安価で売られているキャットフードには、肉副産物や4Dミートといった人間が食べることができない粗悪な原材料が含まれている可能性があります。
4Dミートは、病気や障害のある動物の死骸や、血やトサカなどが混ざっています。このような粗悪な肉は匂いがきついため、匂いをカバーするために香料などの添加物が含まれているものもあります。
粗悪な肉や、人工添加物が含まれているキャットフードを食べ続けてしまうと、アレルギーやガンなどの病気を引き起こす可能性があるため、購入する前には必ず原材料を確認しましょう。

プレミアムキャットフードには、ヒューマングレードと呼ばれるタイプがあります。
ヒューマングレードとは、人間も食べることができるような高品質な原材料が使われているキャットフードです。
安価なキャットフードと比べると値段は高くなりますが、猫が病気にならないためには、ヒューマングレードやグレインフリーのように高品質で、栄養バランスのよいキャットフードを選ぶことをおすすめします。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細