LMS
画像

キャットフードの製造方法


1.ドライキャットフードの製造方法

カリカリとも呼ばれるドライキャットフードは、工業的に大量生産されています。
ペットフードの会社が考案したレシピを、製造業者が工場で製造します。
ドライキャットフードの製造は、一般的に「押出成形」と呼ばれる方法で製造されています。「押出成形」とは、激しい加熱や加圧によって形を作って製造する方法です。


2.ドライキャットフードの製造工場で行われる製造行程

(1)原材料の混合
まず、ドライキャットフードに使用される原材料が、混合されて生地が出来上がります。材料によっては、粉砕されてから混ぜる材料もあります。
次に、押出成形前の準備として、原材料を混合して作ったフード生地を、約100℃の蒸気で加熱します。

(2)押出成形
加熱したフード生地は、エクストルーダー(押出成形機)に入れられます。押出成形の温度は、120~160℃程度です。エクストルーダーに入れられたフード生地は、激しい加熱や加圧によって、形を作られます。
粉砕加熱されたキャットフードの生地は、エクストルーダーの出口から出ると、均等なサイズに切断されます。エクストルーダーの加圧から解放されることによって、キャットフードの生地は膨らみ、カリカリしたドライキャットフードの形になります。
押出行程は、一般的に5分もかかりませんが、キャットフードの生地の中に含まれるタンパク質の変性や、デンプンの糊化などが起こる可能性があります。

(3)乾燥
押出成形したキャットフード生地は、オーブンなどで乾燥させます。押出成形したキャットフード生地は、乾燥させることによって、常温でも保存できるドライキャットフードになります。

(4)冷却
温かさが残っているドライキャットフードは、冷ます必要があります。ドライキャットフードが温かいうちに、足りない栄養を補う。ドライキャットフードが温かいうちに、サプリメント塗布が行われます。
押出成形のときや、乾燥させるときの加熱によって、原材料に含まれている栄養素が、ある程度破壊されます。
ドライキャットフードのタウリン、ミネラル、ビタミンなどの必須栄養素は、合成サプリメントとして、塗布されます。
サプリメントだけでなく、たんぱく加水分解物や油脂が、ドライキャットフードに吹き付けられます。
完成したドライキャットフードは、自動計量器で測った規定量分のフードを、袋に詰めて密封されます。


3.ウェットキャットフードの製造方法

缶詰のウェットキャットフードの製造方法は、人間が食べる缶詰と似ています。
まず、魚などの原材料を、綺麗に洗浄します。洗浄した後は、頭や内蔵などを取り除きます。
魚肉の場所は、100度で蒸し煮した後に、中骨や皮を取り除きます。

原材料を綺麗にしたあとは、原材料を混ぜ合わせます。材料や素材によっては、粉砕して細かくしてから混ぜます。
混ぜ合わされたウェットキャットフードは、量が計算されてから、缶詰の缶などに自動で詰められます。

次に、ウェットキャットフードの香りや味、栄養素の変化を防ぐために、密封する前に缶内の空気を抜き取ります。また、水や空気の浸入を防ぐために、しっかりと密封します。
最後に、密封した缶詰めを加熱細菌します。ウェットキャットフードの品質の良さを維持するために、細菌後は水で冷却します。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細