LMS
画像

「独占契約する農場で自然飼育された肉を使用したフード」

キャットフードの袋に書かれている原材料欄に記載する厳密な法律がない日本では、ドッグフードやキャットフードにかかれる原料の表記の仕方が野放し状態になっています。
その為、そのキャットフードを製造・販売する会社がどれだけ信頼できる会社なのかを見極める必要があります。
その見極めの際の基準となるのが、原材料をどのように表記しているかです。
単に「肉類」というだけではなく、何の肉でどの部位なのかなどの詳しい情報が表記されてあればあるほど、信頼性が増します。

その原材料の中でもメインとなるのは、本来肉食である猫の餌ですから、もちろんお肉です。
たとえば人間の場合で考えてみましょう。精肉店へ行き、生産地や銘柄が明らかにされた肉で肉じゃがを作った時と、生産地が明らかでなく何の銘柄かもわからない肉で作った肉じゃがとの違いに、驚いた経験があるのではないでしょうか。
または奮発して買ったグラム3000円の黒毛和牛と、グラム120円の生産方法のわからない牛肉との味の違いに驚いたことはありませんか。
このように肉と一言で言っても、種類はもちろん、銘柄やどのように育てられたかによって味や栄養素が変わってきます。

では、キャットフードの原材料に「独占契約する農場で自然飼育された肉」が使用されていた場合どうでしょう。
味覚に敏感でない猫も、臭いで味を感じ取ります。良い肉を使用したキャットフードは、もちろん体に新鮮な栄養を届けます。
このことが体に悪いわけがありません。
独占契約であればキャットフードになることを一番に考えて育ってきた肉ということですから安心ですね。
また、愛猫に自信を持って与えられるキャットフードであるのはもちろん、このキャットフードを扱っている販売会社も信頼がおけると判断できます。
こちらのおすすめサイト http://arkpat.com/もご覧ください。