LMS
画像

低アレルギーキャットフード


1.キャットフードとアレルギー

キャットフードによっては、猫にアレルギー症状を引き起こす可能性があります。例えば、安いキャットフードの場合、穀物が多く含まれているため、消化や吸収することが難しく、アレルギー症状を起こすことがあります。
また、キャットフードに含まれる添加物がきっかけで、アレルギーになる場合もあります。

かゆみを伴う湿疹や皮膚炎、下痢や嘔吐、脱毛などの症状が現れた場合は、アレルギーの可能性があるので獣医師の診察を受けましょう。
アレルギーを予防したり、症状の悪化を防ぐために、低アレルギーキャットフードに切り替えることをおすすめします。


2.低アレルギーキャットフードとは

低アレルギーキャットフードとは、アレルギー反応を起こしにくいキャットフードのことをいいます。
低アレルギーキャットフードには、アレルゲンである穀物や大豆、牛肉、合成添加物や成長ホルモンが一切使われていないので、安心して与えることができます。
比較的アレルゲンになりにくいラム肉や、サーモン、白身魚が原材料に使われていたりします。
低アレルギーキャットフードは、消化に優しい点も魅力です。良質な動物性タンパク質を沢山含んでいるものや、食物繊維を含んでいるものもあります。


3.低アレルギーキャットフードの療法食

食物アレルギーの猫のための療法食もあるので、アレルギーの疑いがある猫は獣医師の診察を受けて、療法食を与えることをおすすめします。
低アレルギーの療法食には、アレルゲンが制限されているだけでなく、食物アレルギーの原因になりにくい、加水分解しているタンパク源を使用しているものもあります。
加水分解大豆タンパクは消化性も高く、低分子ペプチド源なので食物アレルギーの原因になりにくいです。

皮膚の健康を守るために、イノシトールやパントテン酸、ナイアシンやヒスチジン、コリンなどを配合しているものもあるため、皮膚のバリア機能を維持することができます。
健康的な腸菅内輸送や腸内細菌バランスを維持するために、フラクトオリゴ糖(可溶性食物繊維)や不溶性食物繊維を配合しているものもあります。
また、DHAやEPAを配合しているものや、pHケアの機能が含まれているものを選ぶことで、幅広い面で健康の維持をサポートすることができます。
低アレルギーの療法食には、ドライタイプだけでなくウェットタイプも存在します。消化性の高い高品質のチキンや、炭水化物源であるライスを使っているものもあり、猫のアレルゲンに合わせて、より最適な低アレルギーキャットフードを選ぶことができます。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細