LMS
画像

激安キャットフードの危険性


1.肉副産物や4Dミートが含まれている可能性がある

スーパー等で、激安として売られているキャットフードには、質の悪い原材料が含まれている可能性があります。
キャットフードのパッケージの裏には、原材料が表記されています。
原材料の表に書かれている「肉類」には、キャットフードに使われている肉の種類が記載されています。
激安キャットフードの場合、コストを削減して大量生産するために、肉副産物やミール、4Dミートが使われていることがあります。

(1)肉副産物、ミール
肉副産物やミールには、トサカやクチバシ、血や糞、ヒヅメや羽など、人間が食べないような素材が混ざっています。
猫は肉食動物で、生きたネズミを丸ごと食べる動物ですが、肉副産物は猫にとって、消化や吸収に悪く、栄養バランスも良いとは言えません。
しかし、激安キャットフードの場合、猫の栄養面よりも、安く大量生産できることを優先にしているため、精肉工場等から破棄される材料を使用して、製造されています。

腐敗が進んでいる材料も含めて、ミンチ状にしているミールには、人工防腐剤も入っている可能性があります。
ミールに含まれる防腐剤の表示義務はないため、キャットフードのパッケージを確認しても、見分けることができません。
そのため、なるべく激安として売られているキャットフードは、初めから避けることが望ましいでしょう。

(2)4Dミート
4Dミートの4Dとは、Dead(死んだ)、Dying(死にかけている)、Disabled(けがをした)、Diseased(病気の)という、これらの4つの単語の頭文字を並べて、表現した言葉です。
4Dミートは、このように病気や障害のある動物の肉が含まれています。
人間でも食べられないような粗悪な肉が、低コストで大量生産するために、激安キャットフードでは大量に使用されています。


2.主原料として穀物が使われているものがある

激安のキャットフードには、かさ増しするために、小麦やトウモロコシなどの穀物が多く使われているものがあります。
猫は肉食動物なので、穀物を消化や吸収することが難しく、消化器官に負担をかけます。
また、穀物に含まれるタンパク質を上手く分解できないことによって、アレルギーを引き起こす可能性があります。

激安キャットフードに使われる穀物は、遺伝子組み換えされた穀物や、賞味期限が切れた穀物、放射汚染された穀物など、粗悪なものが使われている可能性もあります。
アメリカで生産されている大豆の、90%以上は遺伝子組み換えされた大豆です。アメリカで生産される小麦やトウモロコシも、遺伝子組み換えされているものが多いといわれています。
安く大量生産したいペットフードメーカーは、アメリカで生産している小麦やトウモロコシを使用しているので、猫が沢山食べると、ガンなどの病気の原因にもつながってしまいます。

激安キャットフードには、ビートパルプという、砂糖大根から砂糖を絞った後に残る、繊維質が含まれているものもあります。
ビートパルプのような不溶性繊維が原因となって、便秘やヘアボールを悪化させてしまう可能性もあります。
砂糖を絞るときに、硫酸系の薬剤を使って抽出するため、ビートパルプを含むキャットフードを猫が食べると、少なからず薬剤も一緒に口に入れてしまいます。


3.添加物が多く使われている可能性がある

安くて長期保存ができるキャットフードには、酸化防止剤などの添加物が多く含まれている可能性があります。
エトキシキン、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)などの強力な人工防腐剤は、発ガン性や催奇形性、変異原性などの危険性があります。

安いキャットフードには、低コストで生産するために、合成着色料も使われています。
合成着色料も、酸化防止剤のように、発ガン性や催奇形性の危険性があります。また、不妊やアレルギーの原因にもつながります。
赤色2号や赤色3号は、ドイツやアメリカでは使用が禁止されていますが、日本では現在も使われています。
合成着色料は、見た目をよくするためだけであって、猫にとっては必要ないものです。

人工香料は、粗悪な素材に猫の好きな香りをつけるために使われています。
人工香料は、猫にとってどのような影響があるのか、まだはっきりとわかっていませんが、人にとっては毒性があり、アレルギーやアトピーなどの原因になります。


4.まとめ

以上のように、激安キャットフードには様々な危険性があります。これらの危険性は、パッケージに全て表記されているものではないので、初めから激安として売られているキャットフードは避けることをおすすめします。
猫の健康を守るためには、無添加で良質な素材が使われていてる、プレミアムキャットフードやヒューマングレードのキャットフードを選びましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細