LMS
画像

皮膚病の猫のためのキャットフード


1.アレルギー性皮膚炎とキャットフード

アレルギー性皮膚炎は、キャットフードによって引き起こされる可能性がある病気です。安いキャットフードには、粗悪な肉や化学由来の酸化防止剤などが多く含まれているので、与え続けることで猫の免疫力が低下します。
猫の免疫力が低下することによって、部屋の中に潜んでいるノミやダニ、ハウスダストに負けてしまい、アレルギー性皮膚炎を起こす可能性があります。


2.アレルギー性皮膚炎を予防するキャットフード

アレルギー性皮膚炎を予防するためには、普段から無添加のものや、良質な栄養素をバランス良く摂取できるキャットフードを与えて、免疫力を高めることが大切です。
あまりにも安いキャットフードは避けたり、グレインフリー(穀物不使用)キャットフードや、ヒューマングレードキャットフードなど、なるべく高品質のプレミアムキャットフードを選ぶことをおすすめです。


3.皮膚病の猫の療法食

猫は皮膚病にかかりやすい動物で、特に毛のない品種の猫や毛が短くて薄い猫は、皮膚病にかかる可能性が高い傾向があります。
猫がかゆがったり、皮膚の表面がカサカサしてフケ状のものが出るなどの症状が現れたら、早めに獣医師に相談しましょう。
猫の状態によっては、獣医師に相談して療法食に切り替えることが望ましいです。

猫が健康な皮膚を維持するために、摂取したタンパク質の約30%が利用されています。皮膚病のための療法食には、皮膚細胞の健康をサポートするために必要な栄養素が、バランス良く配合されています。


4.皮膚病用の療法食の特徴

(1) 消化性が高い
皮膚病のための療法食には、加水分解されたタンパク質やアミノ酸が配合されているため、消化性に優れています。
消化に良いと早い段階でスムーズに分解されるため、分子が小さくなって、アレルギーに関わる免疫細胞に認識されにくくなるというメリットがあります。

(2)アレルギーの原因になりにくい原材料
皮膚病のための療法食に使われる原材料は、食物アレルギーの原因になりにくいものが使われています。抗炎症作用をサポートする、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が多く含まれるものもあります。


5.皮膚病の療法食を与える際の注意点

猫の症状などの状態によって、与えるキャットフードを切り替える必要があります。そのため、皮膚病の療法食を与えるときは、必ず定期的に獣医師に相談して指示に従って与えましょう。
療法食で調整された栄養バランスを維持するためには、おやつを与えることは控えたほうがいいです。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細