LMS
画像

キャットフードを小分けすることのメリット


1.キャットフードの酸化を防ぐことができる

キャットフードを小分けすることによって、酸素に触れることを避けて酸化を防ぐことができます。
ドライキャットフードは、大きい袋に入っているものが多いです。大きい袋のまま置いて、食事の時間のたびに袋を開け閉めすると、その分キャットフードが酸素に触れることになります。
ドライキャットフードには脂質が多く含まれています。脂質は酸素に触れると酸化して、過酸化脂質という悪玉コレステロールになります。
悪玉コレステロールが猫の身体に蓄積されてしまうと、嘔吐や下痢、発疹などの症状や、ガンやアレルギーなどを引き起こす可能性が高くなります。
キャットフードを一日分ごとに小分けして、脱酸素剤と一緒に保存することで、キャットフードが酸素に触れる回数が減り、酸化を防ぐことができます。
キャットフードは小分けにして保存しても、開封後は酸化や劣化が徐々に進むため、1ヶ月以内には食べきりましょう。


2.キャットフードを計量する手間が省ける

キャットフードを一回分の量で小分けにして保存をすると、食事の際にキャットフードを計量する手間を省くことができます。
猫の健康を維持するためには、キャットフードは毎回正しい量を与えることが大切です。
キャットフードの量が少ないと栄養不足になってしまったり、反対に多すぎると肥満になってしまったりするため、規定量を守って与える必要があります。
キャットフードを小分けにせずに大袋のまま保存をすると、毎回計量して与えなくてはいけませんが、忙しいときや急いでいるときに正しい量を計量することは難しいです。
一回分ごとに小分けにするときは、キャットフードのパッケージを確認して規定量を守りましょう。


3.キャットフードの鮮度を保つことができる

キャットフードを小分けにすることで、キャットフードの酸化や劣化を防いで、鮮度を保つことができます。
キャットフードの酸化や劣化が進んでしまうと、猫の食いつきが悪くなることがあります。
また、酸化や劣化した油脂は猫の内蔵に負担をかけて、消化器官の疾患やガンなどの病気を起こすこともあります。
愛猫の健康維持をサポートするためには、鮮度のよい高品質なキャットフードを与えることが大切です。
キャットフードには、無添加やグレインフリー、ヒューマングレードといった高品質なプレミアムキャットフードが存在しますが、このようなキャットフードを選んでも、保存方法が正しくないと劣化する可能性があります。
高品質なキャットフードをより良い状態で猫に与えるためには、なるべくキャットフードは小分けにして保存しましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細