LMS
画像

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフード


1.ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの特徴

ペルシャ猫は、可愛らしいつぶれた顔と大きな目、短い手足や長い被毛が特徴です。綺麗な被毛を保つためにも、毎日かかさず丁寧にブラッシングする必要があります。
ペルシャ猫には、30種類以上の模様や毛色があり、チンチラやヒマラヤンはペルシャ猫の毛色の一つです。

チンチラは毛先が黒く、一般的にはシルバーやゴールド色のチンチラが認知されています。ヒマラヤンは、ブルーの目と艶のある長い被毛や、足の先や鼻先にポイントカラーをもつことが特徴です。

これらの猫は、1~1.5歳程度で体の成長は止まりますが、3歳頃までは毛が伸び続ける猫もいます。
骨が太く中型なので、必要な栄養素が含まれた適切なキャットフードを与えて、体作りをサポートしましょう。


2.ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフード選びのポイント

(1)毛玉ケアができるキャットフード
ペルシャ猫のような長毛種の猫は、長く密度の濃い被毛をもつため、グルーミング(毛づくろい)の時に毛を飲み込みやすく、消化器官の中に毛玉がたまってしまいます。
消化器官の中に毛玉がたまると、胃粘膜を刺激したり通過障害がおこり、毛球症になってしまう可能性が高くなります。
そのため、これらの猫には飲み込んだ毛玉の排泄を促せるように、複数の食物繊維を配合しているものや、毛玉ケアができるキャットフードがおすすめです。

芋類は、不溶性繊維や水溶性繊維が含まれているため、便秘を予防する効果に期待できます。水溶性繊維は、皮付きさつまいもに最も多く含まれているので、さつまいもが使われているキャットフードもおすすめです。

(2)綺麗な被毛を保つ効果が期待できる「オメガ3・6系脂肪酸」
ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの長くて美しい被毛や、健康な皮膚を保つためには、オメガ3・6系脂肪酸やアミノ酸、ビタミンB群などを充分に摂取できるキャットフードが望ましいです。ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは、鼻がつぶれたような顔のため、一般的なキャットフードの形だと食べにくいことがあります。
また、ペルシャ猫は舌の裏側を使って食べることが特徴です。
キャットフードのメーカーによっては、ペルシャ猫に必要な栄養素が含まれているだけでなく、ペルシャ猫が食べやすいように粒の形をアーモンド形にするなどの工夫をしています。

(3)高タンパク質で、健康な体作りをサポート
ペルシャ猫は、骨格がしっかりとしていて骨太なので、高タンパク質の食事が必要です。特に成長期では、充分にタンパク質を摂取することが大切です。
また、脂質は猫にとって消化や吸収に良く、エネルギーに変えやすいので、脂質もしっかり摂取することができるキャットフードを選びましょう

(4)アレルギーや涙やけなどを防ぐために、添加物は避ける
ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフードとして売られているものによっては、BHAや没食子酸プロピンといった酸化防止剤が使用されているものも存在します。
これらの添加物を沢山摂取してしまうと、アレルギーやガンなどの原因にも繋がるため、なるべく無添加のキャットフードが望ましいです。
また、ペルシャ猫は鼻の特徴によって涙やけを起こしやすいです。そのため、添加物などの不純物が少ないキャットフードを与えることが大切です。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細