LMS
画像

ドライキャットフードと飲料水


1.ドライキャットフードを与えるときは、必ず水も一緒に与えよう

イエネコの祖先であるヤマネコは、乾燥地帯である砂漠などに生息していました。
そのため、猫の体内から排出する水分が少なくなるように、腎臓で尿を凝縮します。
猫の水分摂取量が十分でないと、この腎臓で尿を凝縮することを繰り返してしまい、腎細菅が破壊する可能性があります。

凝縮された尿に含まれているミネラルなどの成分によって、猫がかかりやすい疾患の一つである「尿路結石」など、泌尿器系や腎臓系の病気になる可能性も高くなります。
尿路結石のように、石や砂のような結晶がたまってしまうと、尿道を結石が塞いでしまい、猫にとって非常に危険な状態になってしまいます。これらの病気を予防するためにも、猫に水分を十分に与える必要があります。
また、水分は汗となって体温調節をしたり、血液のもとになるなど、猫にとって必要な役割が沢山あるので、猫の健康を守るためにもしっかりと水分を与えましょう。
ウェットキャットフードの水分含有量は、75%以上ありますが、ドライキャットフードの水分含有量は全体の10%以下なので、与えるときには必ず水も一緒に与えましょう。


2.猫が一日に必要な水分量

猫が一日に必要な水分は、約150mlから約200ml程度です。体重1㎏に対して約50mlの水分が必要になります。
猫が、体重に合った水分量を摂取できるように、ドライキャットフードと一緒に水を与えましょう。
食事の時間にあまり水を飲まなかった場合は、水飲み場をいくつか設置するなど、新鮮な水をいつでも飲むことができるように工夫をしましょう。
水を入れる容器は、猫にとって飲みやすい大きさや形状のものを用意します。また、流水を飲むことが好きなのか、または置いてある水を飲むことが好きなのか、愛猫が好きな水の飲み方を把握することも大切です。


3.猫に最適な飲料水

(1)水道水でOK
猫に与える飲料水は、水道水が塩素処理されているので安全で安心です。水道水は、塩素によって消毒されているため、菌が繁殖しにくく衛生的なので、置き水として与えるときにも最適です。
猫がカルキ臭を嫌がる場合には、一度煮沸して冷ましたものを与えましょう。

(2)猫用ミネラルウォーター
猫用のミネラルウォーターも販売されていますが、水道水とは違うため、残したものを長く放置しておくと、菌が繁殖する可能性があります。
猫用のミネラルウォーターを与える場合は、置き水として与えるのではなく、食事のときに容器に入れて、飲み残した場合は片付けましょう。

(3)ミネラルウォーターは避ける
人間が飲むミネラルウォーターの硬水には、マグネシウムなどのミネラルが多く含まれています。そのため、ミネラルウォーターの硬水を沢山与えてしまうと、猫の体内のミネラルバランスが崩れ、膀胱結石や尿路結石の原因にもつながったり、症状を悪化させる可能性もあるので、避けることをおすすめします。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細