LMS
画像
ひと工夫で色々変わる!キャットフードの小技集
画像

ドラッグストアやスーパー、ペットショップなどで市販されているキャットフードの危険性はトップページでも解説している通りです。
それを知ってしまった以上、わたしたち飼い主は、やはり安全なフードを愛猫に与えてあげたいですよね。
しかし、実は原材料や合成添加物について十分な安全性が確認されている高品質フードの多くには、たった一つだけデメリットがあります。
それが「嗜好性(ネコの食い付き)」です。

このサイトでも何回も記載している通り、従来品の殆どは原材料が劣悪です。
その中でも特に注目すべきなのは「レストランなどで廃棄された油の再利用」。
これが従来品の味・風味に大きな影響を与えています。

もちろん、使い古されて酸化しきった油は健康に多大な悪影響を及ぼします。
しかし、味に関しては人間用の料理の「濃い味」が浸み込んでいる為、ネコにとっては美味しく感じてしまうのです。

それに対して、高品質フードで使用している油は良質。
もちろん使い古しではありません。
その為、匂いや味に関しては「薄い」のです。

こういった背景が、濃い味に慣れてしまっているネコは薄味の高品質フードを余り食べたがらない…
という結果を生んでしまっています。

それでも飼い主としては、やっぱり安全なフードを食べてもらいたいですよね。
そこで、ここでは愛猫に高品質フードをおいしく食べてもらう為のちょっとした工夫をご紹介します。

対策を考えよう!

その1:少しずつ切り替える!Point1

画像

ネコはキャットフードをいきなり変えられるのを嫌います。
お皿に載せられていても、今までと違うと食べ物と認識できないことも少なくありません。

対策としては、少しずつ切り替えをしてあげるという工夫が有効です。
非常に一般的かつ有名な常套手段ですので、その分、効果も高いでしょう。

具体的には、最初は旧フードを9割、新フードを1割と言った具合で与えてあげます。
それに慣れてきたら、旧フード8割、新フード2割と比率を増やします。
一定のペースで少しずつ増やしていき、最終的には新フード10割にしてあげましょう。

切り替えの目安としては、大体2~3か月くらいかけるのが一般的だとか。

その2:フリカケをかけてあげる!Point2

もちろん人間用のフリカケではありません。
(塩分が高すぎるので、人間の食べ物は極力与えないようにしましょう。猫まんまも然りです。)

「その1」の方法でも、なかなか食べてくれないという場合は、塩分が加えられていない煮干しなどをスーパーで買ってきて、それを粉末状にしてフリかけてあげましょう。
煮干し以外では、かつお節なども有効です。

ただし、毎回フリカケにするのは避けた方が良いでしょう。
また、フリカケの量も少な目に抑えておくこと。
栄養バランスが崩れて、逆に病気の原因になってしまうことがあります。

そのリスクが怖い…ということであれば、フリカケは使わなくてもOK。
「その3」の方法を試してみてください。

その3:おいしい高品質フードを与える!Point2

画像

高品質フード全てが「食いつき悪い」という訳ではありません。
実はおいしい高品質フードも存在します。

そもそもネコにとっての「おいしさ」というのはアミノ酸(たんぱく質)の配合バランスに由来しています。
これが理想的な数値であれば、使い古しの油による濃い味でなくても、しっかり食いついてくれます。

その点も考慮している嗜好性に優れた高品質キャットフードとして挙げられるのが「カナガンキャットフード」です。 カナガンはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードで、理想的な安全性と味を実現しています。

アンケートによれば、100%の家庭のネコが食べてくれたとか。
その内、喜んで食べたのは85%。 これは高品質フードとしてだけでなく、キャットフード全体の中でも飛び抜けて優れた数値だと思います。 ぜひ、試してみてください。

まとめ:

おすすめは「その1」と「その3」のあわせ技です。
「その2」は奥の手と考えておきましょう。

カナガンキャットフードはかなりオススメですよ!