LMS
画像

中国産キャットフード


1.中国産キャットフードは危険です

中国産のキャットフードは、粗悪な肉や人工添加物が大量に含まれている危険があるため、必ず避けましょう。
2007年以降、中国から輸入したおやつのジャーキーを食べた猫や犬が病気になったり、死亡するケースが相次いで起こりました。
その中国産のジャーキーを食べたことによって、多くの動物が腎不全などの病気で死亡してしまいました。

別のケースでは、中国の業者がペットフードのタンパク質含有量が多いように見せるために、化学物質メラニンやシアヌル酸を混ぜ、そのフードを食べたペットが腎不全などの病気になり、約8500匹(猫は約1950匹)が死亡してしまいました。

中国産のキャットフードは安価ですが、安易に選んでしまうと愛猫が腎不全などの病気になってしまう可能性が高くなります。
猫の健康を維持するためには、猫に与えるキャットフードに使われている原材料は良質なものである必要があります。
中国では、キャットフードなどの原材料に関する安全基準がありません。そのため、粗悪な肉や化学由来の人工添加物、汚染された素材が含まれている可能性が非常に高いので猫に与えることは危険です。


2.中国産キャットフードは避けましょう

中国産のキャットフードを猫に与えてしまうと、腎不全など命に関わる重大な病気になってしまうことがあるので、中国産キャットフードは必ず避けましょう。
パッケージに中国産と記載されているものは簡単に避けることができますが、ペットフードの法律では、最終加工地を記載すればそれまでの加工国を載せる義務がないため、中国で途中まで加工されたものが日本で最終加工された場合、国産と記載されてしまう可能性もあります。

国産のキャットフードを選ぶ際も、値段が安いものは避けたり、使われている原材料を確認したりすることが大切です。
中国産に限らず、人工添加物や粗悪な原材料が含まれているキャットフードは、猫の健康のためには避けましょう。
猫に高品質のキャットフードを与えるためには、高値にはなりますがプレミアムキャットフードを選ぶことをおすすめします。
欧米や欧州のプレミアムキャットフードには無添加のものや、良質な原材料のみを厳選して作られたものがあります。
ペット先進国であるドイツ産など、なるべく安全性が高くて品質の良いキャットフードを選んで、猫の健康を守りましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細