LMS
画像

キャットフードに含まれている肉副産物・ミート副産物・肉粉・ミートミール


猫の健康を守るために、キャットフードは良質な素材を使った安全なものを選ぶことが大切です。
キャットフードはプレミアムフードと呼ばれる高品質なものから、コスト削減を重視して作られている粗悪なものまで幅広く存在します。
格安として売られているキャットフードには、新鮮な肉や魚ではなく、肉副産物や肉粉、ミートミールといった原材料が使われています。
これらの粗悪な原材料の特徴を知り、キャットフードを選ぶ際は使われている原材料を確認してから購入するようにしましょう。


1.肉副産物(ミート副産物)

肉副産物(ミート副産物)とは、動物の肉ではなく内蔵や血、脳や骨など食肉として流通されることのない部分を指します。
肉副産物には、4Dミートと呼ばれるような粗悪な状態の肉が含まれている可能性があります。
4Dミートには、病気になった動物や障害がある動物、事故で死亡した動物などが混ぜられています。
肉副産物を含むキャットフードには、悪臭をごまかすために香料といった添加物も使われます。人工添加物は、ガンなどの病気を引き起こす危険性があります。
このような状態の悪い素材で作られたキャットフードでは、猫が必要な栄養素を十分に吸収することができません。


2.肉粉・ミートミール

肉粉やミートミールとは、動物の肉を乾燥させて粉状にしたものです。
肉粉やミートミールには、動物の血や毛、角、糞、胃、ひづめ、くず皮など、本来食べる必要のない部分が使われています。
良質で安全な原材料とは言えないため、猫に安心して与えることはできません。ミートミールにも、肉副産物のように4Dミートが含まれている可能性があります。


3.肉副産物やミートミールが使われたフードは避けよう

肉副産物やミートミールは、安い原材料で中身をかさ増しして、コストを削減するために使われています。
肉副産物やミートミールを使っているキャットフードには、美味しそうに見せるために着色料が使われているものもあります。
また、大量生産して長期保存を可能にするために、酸化防止剤なども使われます。
このように粗悪な原材料を使ったキャットフードには、添加物も一緒に含まれている可能性が高いです。

猫の健康を維持するために、キャットフードは値段だけ見て選ばず、使われている原材料をしっかり確認するようにしましょう。
プレミアムキャットフードは値段が高めですが、良質な原材料を厳然して作られていて質も良いため、安心して猫に与えることができます。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細