LMS
画像

キャットフードに含まれているエトキシキン(添加物)


1.エトキシキンの危険性

スーパーマーケットなどで売られている安いキャットフードには、合成添加物が多く含まれています。キャットフードに使われる合成添加物の中で、最も危険なものがエトキシキンという酸化防止剤です。
ペットフードに使われる危険な酸化防止剤は3種類ありますが、その中でも特に防腐力が強いものがエトキシキンです。
エトキシキンはダイオキシン系の化学物質です。もともとゴムの固定剤として開発されましたが、現在では飼料や除草剤として世界中で使われています。
エトキシキンは非常に毒性がある添加物で、人間が食べる食品やその農薬には使用が禁止されています。しかし、家畜や養殖魚の飼料への使用は禁止されていません。
食品衛生法で定められている人間用食材のエトキシキンの残留許容量は、1ppmです。ppmは濃度の単位にすると、0.0001%になります。
これに対してキャットフードに使われる場合の残留許容量は150ppmと、人間の150倍もの量が許可されてしまっています。

これは、猫などの動物が人間よりもエトキシキンに対して耐性があるというわけではありません。動物実験の結果、エトキシキンは発ガン性があると報告されています。
またエトキシキンを開発したメーカーは、エトキシキンが目や皮膚に炎症やアレルギー皮膚炎を起こす可能性も発表しています。

ではなぜ、これほど危険なエトキシキンがペットフードへの使用が許可されているのでしょうか。


2.エトキシキンが使われる理由

チキンミールやミートミールなど粗悪な原材料に含まれている油脂は、酸化熱を発生させやすいという特徴があります。
そのため、海外から船での輸送中に自然発火することを防ぐために、エトキシキンが使われています。これは「国際海事危険物規定」という規定で定められています。

また、キャットフードの製造コストを下げて大量生産するために、酸化防止力が高いエトキシキンが使われている場合もあります。


3.無添加のキャットフードを選ぼう

キャットフードをはじめペットフードでは、全ての原材料に使われている添加物の表示は義務付けられていません。
このため、たとえキャットフードのパッケージにエトキシキンの記載がなくても、原材料となる家畜がエトキシキンを含む飼料を食べていれば、少しでも含まれている可能性は考えられます。

エトキシキンを避けるためには、あまりにも安い値段で売られているキャットフードは避けて、なるべく無添加のプレミアムキャットフードを選ぶことをおすすめします。
高品質のキャットフードには、ローズマリー抽出物や緑茶抽出物などの自然由来の酸化防止剤が使われているものがあります。ローズマリー抽出物などの天然成分から抽出して精製されたビタミンEは、健康に害がないため猫に安心して与えることができます。
猫に与えるキャットフードは成分を確認して、安全で安心なキャットフードを選ぶようにしましょう。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細