LMS
画像

ヨーロッパ産キャットフード


1.ヨーロッパはペットフードに関する規則が厳しい

ヨーロッパでは、ペットの権利を守るために積極的に法的整備が行われています。
約100年前に、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)という組織が誕生しました。
FEDIAFは、ペットは人間の社会の中で重要な役割を担っていると考え、「安全なペットフードの製造に関する実施基準」やペットフードの栄養に関する基準など作成しました。
猫等のペットの健康維持や食の安全管理のために、ペットフードに使用される原料の安全性を厳しく設定しています。
FEDIAFがペットフードの業者に対して検査や指導、情報提供を行いますが、ペットフードの業者からの意見も集約しています。

また、家畜の飼料に使用できる添加物の認定や監視もしています。
ヨーロッパ産のキャットフードは、このFEDIAFの指導をもとに安全性を最優先にして作られているため、猫にも安心して与えることができます。
このような安全性に優れているヨーロッパ産のキャットフードは、世界中で支持を集めています。


2.ドイツのキャットフード

ドイツはペットが幸せに暮らす国、ペット先進国として知られています。
また、世界で最も動物の権利が尊重されていて、動物愛護の先進国でもあります。
それだけペットに対する愛情が深いドイツでは、ペットフードに関しても厳しい決まりがあり、添加物が入っているものや粗悪な原材料が含まれているものは認められません。

ドイツでは、キャットフードを製造するときはヒューマングレードと呼ばれる、人間が食べるものと同じレベルの品質の原材料を使用すると法律で決められています。
肉は部位ごとに使用する部分が決められているので、肉副産物やミール、4Dミートといった品質が悪いものは一切含まれません。
原材料だけでなく、熱処理といった製造方法にも基準があるので、安全性が高く猫にも安心して与えることができます。


3.イギリスのキャットフード

イギリスは、「動物虐待防止法」を世界で初めて制定した国で、ペットフードに関する安全基準も厳しいです。
イギリス産のキャットフードは高品質で安全性も高く、日本でも有名なプレミアムキャットフードを製造しています。
動物愛護の精神が強いイギリスでは、粗悪なキャットフードは売れないため、着色料や酸化防止剤などが一切含まれていない無添加のキャットフードが多いです。


4.フランスのキャットフード

フランスでは、無農薬農産物や有機農産物といった自然派農法が重視されています。
そのためフランスで製造されるキャットフードには、無添加で化学農薬や遺伝子組み換え食品が含まれていないので安全性が高いです。

このように、ヨーロッパではペットに対する愛情が深く、キャットフードに使われる原材料や製造方法にも厳しい決まりがあるため、安心して選ぶことができます。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細