LMS
画像

良質なキャットフードの見分け方


1.肉副産物やミートミールが使われていない

良質なキャットフードには、肉副産物やミートミールなどの粗悪な肉は、あまり使われていません。
ミートミールとは、肉の部位ではなく、爪や毛、血液や内蔵などの、肉の副産物と呼ばれるものが含まれた素材のことをいいます。
肉粉とも呼ばれていて、粉状にして混ぜ合わせています。

日本のペットフード協会の安全法の基準では、キャットフードに使用した原材料や添加物は、全て記載することが義務付けられました。
しかし、ミートミールは、どのような状態の動物からできているのかは、原材料の表記だけではわかりません。
そのため、ミートミールに、4Dミートと呼ばれる粗悪な素材が含まれている可能性もあります。

ミートミールではなく、チキンミールと呼ばれるものを使っているキャットフードもあります。
チキンミールは、人気のある海外メーカーのキャットフードにも使われていて、主原料として表記されています。
AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアしているような、良質なメーカーが表記しているチキンミールとは、鶏肉を乾燥粉末状したもので、肉副産物は使用していません。
そのため、栄養価はそのままなので、猫の食性にも適しています。

チキンミールを含むキャットフードの中には、ミートミールと呼ばれるものや、主原料が穀物になっているものもあります。
また、あまりにも安いキャットフードの場合、エトキシキンやBHAといった、発ガン性のある酸化防止剤が含まれているものもあります。
購入する前に、キャットフードのパッケージの表記を見て、チキンミールの他に、肉副産物や添加物が含まれていないか、チェックすると良いでしょう。


2主原料が穀物ではない

猫は肉食動物なので、魚や肉などの良質な動物性タンパク質が必要です。
穀物は、猫にとって消化に悪いだけでなく、アレルギーやガンなどの病気を引き起こす可能性があります。
また、アメリカ産の穀物には、遺伝子組み換えされた穀物が、一緒に入っていることもあります。
良質なキャットフードは、穀物をあまり使用していないか、主原料として肉や魚を使っています。


3.無添加のキャットフード

安いキャットフードには、エトキシキンやBHA、BHTといった化学由来の酸化防止剤が含まれています。
良質なキャットフードの場合は、添加物が不使用で、酸化防止剤は自然由来のの安全なものを使用しています。
100%無添加のキャットフードを見つけることは大変ですが、自然由来の酸化防止剤なら、安全で安心して与えることができます。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細