LMS
画像

敏感な皮膚・被毛に問題を抱えている猫に最適なフード

猫は毛づくろいを自分の舌で長時間行い、毛並みを整えます。
それに加え、餌の中に混入してしまっている毛などを飲み込んでしまっています。
その毛が胃の中で消化されず毛玉となって、腸に移動できない大きさになってしまうと、猫は咳をしたり嘔吐したりしてできた毛玉を吐き出します。
特に毛の量の多い種類の猫や、長毛の種類の猫では、その症状が酷い場合があります。
また、長毛の純血統種の場合は皮膚も敏感であることがあり、毛並みに問題を抱えるなどの症状に困ることがあります。

このような場合には青魚などに含まれるオメガ3、植物性油などに含まれるオメガ6の脂肪酸を含んだキャットフードを摂取することが望ましいです。
この脂肪酸をしっかりと吸収しやすい形で含んでいるキャットフードを与えると、皮膚をなめらかにし、被毛を輝きあるしなやかな毛質に改善します。
また、毛玉をよく吐き出す問題を抱える猫にはセルロース繊維を含んだキャットフードを与えて、毛玉を定期的にしっかり排出させるように心がけることが大切です。

これらを総合的に叶える皮膚・被毛に問題を抱える猫用総合栄養食のキャットフードがいくつか販売されています。
総合栄養食といっても原材料の生産過程にどれくらい注意を払っているのかもしっかりと見極めましょう。
いかによい栄養素が含まれ、バランスが取れていると謳っていても、生産途中でたくさんの農薬が使われた原材料や、どのように育てられたかわからない肉を使用していては
本当に良いキャットフードとは言い切れません。
生産過程をしっかりと管理されていて、厳しい管理基準のもとに育てられた原材料で作られてこそ、本当に良いキャットフードといえます。

また、合成添加物や酸化防止剤は猫の体にいいものではありません。
中には海外では禁止されているものが日本で使われている場合もあります。
原材料をしっかりと見て、「被毛・皮膚の悩みのある猫に」という表示、「総合栄養食」という表示だけに惑わされず、よく調べてキャットフードを選ぶようにしましょう。
このサイトにも、毛並みを良くする成分入りのキャットフードが紹介されていました。参考になるかと思いますので是非ご覧ください。

コンテンツ

おすすめ

  • カナガンキャットフード
  • シンプリー
  • オリジン
  • 犬猫自然食本舗
  • ペット保険を検討するなら
  • PS保険

キャットフード詳細