LMS
画像
キャットフードの選び方メモ

悩み/コスパ/品質から選ぶ

画像

キャットフードを選ぶときに「何から選べば良いか分からない」
と悩む人は少なくありません。
ここでは、そんな方の為に悩み・コスパ・品質の三つから覚えておきたいポイントとオススメのキャットフードを紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

悩みから選ぶなら・・・

従来品のような安価なキャットフードを与えていると、原材料などの問題から下記の様なトラブルが生じる可能性があります。 健診などで、特に大きな病気ではないということで「とりあえず様子を見ている」場合でもフードを切り替えることで、あっさりと改善されることもあります。

肥満
画像

フードの品質が悪い場合に最も生じやすいトラブルの一つです。
適切な給餌量のはずなのに、なかなか痩せられない・・・
などの悩みはフードを切り替えるだけで改善される可能性があります。
これは、従来品に含まれている低品質な穀類によって血糖値が高くなってしまっている可能性があるから。 また、低品質な穀類は腹持ちも悪くなります。

肥満解消にオススメのフードとしては、カナガンキャットフードが挙げられます。

嘔吐

従来品は合成添加物や穀類などが胃や消化器官に負担をかけやすいというデメリットがあります。
原材料・合成添加物などに気を付けてフード選びをすると、嘔吐の回数が驚くほど減ります。
同時にネコに「今までゴメン」と言いたくなります。
私もそうでした。
この場合は、ランキングに掲載されているものであれば、いずれもしっかりと変化が見られるかと思います。

下痢

高GI穀物をネコに与えてしまうと、消化不良を引き起こし下痢の原因になります。
その他の様々な体調不良の原因にもなってしまうでしょう。
しっかりと飼い主が管理してあげる必要があります。

下痢対策にはカナガンキャットフードがオススメです。
カナガンには穀類が一切使用されていません。
炭水化物源としては低GIのサツマイモが配合されています。
下痢対策に最適でしょう。

コスパから選ぶなら・・・

画像

いくら品質が高くても、余りに値段が高いと購入を躊躇してしまいますよね。
できれば、しっかりと安全性が確保されていて、嗜好性も高くて、値段も安いフードを選べるのが一番です!

そして、もちろん値段に関しては「激安」とまでは行きませんが、決して高くはない値段で素晴らしい品質を誇るキャットフードも存在します。
それが「カナガンキャットフード」です。

カナガンは1.5kgで3240円(定期購入の場合)です。
ずばり、ロイヤルカナンやサイエンスダイエットなどより安く済んでしまうかも知れません。

品質から選ぶなら・・・

高品質フードの最低限の条件として、下記の二点をクリアしているのはもちろん、
その他にも品質面でのメリットがあるフードを紹介します。

  • 合成添加物不使用
  • 使用している原材料は人間用

カナガンキャットフードは穀類を一切使用していません。
その他にも徹底された品質管理やトレーサビリティが魅力です。
嗜好性も高いのがメリット。
コスパにも優れています。

オリジンは原材料へのこだわりが飛び抜けているのが特徴です。
人間用と同等であることはもちろん、それ以上に優れた素材も使用されています。
ただし、それだけ値段も高いのがデメリット。

全体的に考えれば、やはりカナガンが最も優れたキャットフードと言えるでしょう。
公式サイトにも様々な知識・情報が掲載されているので、まずはそちらから情報収集してみても良いかも知れません。